18 2月

預金保険制度を詳しく知る

tyokinbako

私たちの預貯金は、預金保険機構が運用する預金保険制度により、1金融機関あたり元本1,000万円までとその利息が保護されます。

 

 

【対象金融機関】

預金保険機構:

  • 都市銀行
  • ゆうちょ銀行
  • 地方銀行
  • 信託銀行
  • 信用金庫
  • 信用組合
  • 労働金庫など

貯金保険機構:

  • 農業協同組合
  • 漁業協同組合
  • 農林中央金庫など

対象とならない金融機関
上記1,2の金融機関の海外支店 
外国銀行の在日支店、証券会社など

 

証券会社は投資家保護のため投資者保護基金に加入しています。

一人当たり1,000万円まで補償。

【対象商品】

 

普通預金

  • 当座預金
  • スーパー定期
  • 大口定期
  • 期日指定定期
  • 変動金利定期

通常預金

  • 定額貯金
  • 定期積み金
  • 財形貯蓄商品など

 

1,000万円を超える元本とその利息は、破綻金融機関の財産状況により支払われますが、減額され全額は戻らない可能性があります。

 

ゆうちょ銀行に郵政民営化以前に預けた定額貯金・定期貯金は政府が元金、金利の支払いを保証しています。

 

決済用預金:

  • 無利息
  • 要求払い
  • 決済サービスの3つを出来る預金

 

例えば当座預金、利息の付かない普通預金。金額にかかわらず全額補償されます。

 

【対象外商品】

 

  • 外貨預金
  • 譲渡性預金
  • 投資信託
  • 金融債など。

 

【金融商品保護の優先順位】

 

元本が1,000万円を超える場合。

 

  1. 担保になっていない預金
  2. 満期の早いもの
  3. 満期が同じものが2つ以上ある場合金利が低い方
  4. 金利が同じものが2つ以上ある場合預金保険機構が指定するもの
  5. 担保となっているものが2つ以上ある場合預金保険機構が指定するもの